ホームへ戻る

研修日記

令和元年度 「学校教育相談研修Ⅱ」

掲載日2019年8月6日

 市内の幼稚園、小中学校及び義務教育学校の教職員を対象に、立正大学 心理学部臨床心理学科 心理学部研究室 特任教授 鹿嶋 真弓(かしま まゆみ)氏による「すべての児童生徒に居場所のある学級づくり~いじめ・不登校の未然防止に向けて~」と題して講義、演習を行い、子どもの自己理解を促進し、積極性や集団生活への適応などの発達課題の習得や達成を目指す開発的教育相談の在り方につい理解を深めました。
【受講者の声】
〇全てが目からうろこで感動させられるものばかりだった。「認められるために学校に来ている」、日々この言葉を胸に一人一人の生徒に対応していきたい。
〇教師にできることは、今できていることを認めること、そして、あと何をすれば成長するかを伝えること、褒めるだけでなく、承認の声かけをしていきたい。
〇「教師とつながる安心、教師がつなげる安全」、「褒めるのではなく承認の声かけを」、「発見の障がいは、無知ではなく既知」、「ぶつぶつタイム」、「ア~体験」等、様々なキーワードがあり、2学期からの生徒に接するときのヒントになった。