ホームへ戻る

研修日記

平令和元年度 第3回「5年目研修『授業づくり2』」

掲載日2020年1月24日

採用5年目の教諭を対象に、第3回5年目研修「授業づくり2」を行いました。大分大学教育学部 教授 藤田 敦 氏による講義「『わかる』を知れば授業が『かわる』~子どもを引きつける魅力的な授業とは~」や大分市教育センター指導主事による演習・協議「授業力を高めるために」を通して、子どもを引きつける魅力ある授業づくりに向けた取組や今後求められる授業力について理解を深めました。

【受講者の声】
〇これから教材研究をする時には、藤田先生の講義の中であったどの「わかる」を意識させるのかを考えていきたい。また、クラスの実態を的確に捉えて課題を設定したり発問したりしながら、子どもたちにとって「わかる」そして、「面白い」授業をしていきたいと思った。

〇自分が何を教えたいかということと生徒が何を学びたいかということのバランスが大切であることを実感した。生徒の学びたい内容が自分の教えたい内容に近づくような指導方法を身に付けていきたい。また、「わかる」という結果ではなく、「わからない」という葛藤を「わかる」に変える課程が大切であることも学んだので授業づくりに生かしていきたい。