ホームへ戻る

研修日記

令和6年度第3回初任者研修「教科等指導基礎」を開催しました

掲載日2024年7月2日

令和6年5月30日(木)に、令和6年度第3回初任者研修「教科等指導基礎」を開催しました。
午前の講義・演習では、授業づくりに向けたポイントやICTの効果的な活用、学習指導案作成における基本的な考え方等について理解を深めました。午後の講義・演習では、実際に個人でシンプル指導案を作成し、グループ毎に協議を行いました。
【受講者の学びや気付き】
・授業展開や板書計画については、毎日、ノートに作成していたが、これからは、まず学習指導要領を熟読した上、子どもの実態を思い浮かべながら、授業のねらいを明確化することを意識しようと思う。
・今までロイロノートの活用として、教材を黒板に映すのみだったが、シンキングツールを使えば、子ども同士の考えを「見える化」できることが分かった。
・初任者同士で日頃の授業づくりについて話し合うことで、課題の位置付け方など、自身の悩みの解決につながった。シンプル指導案の作成など、日々の努力によって授業力の向上を図る大切さが分かった。